セールスライティングとは

セールスライティングはセールスコピーを書く技術

 

セールスライティングというのは簡単に言ってしまえばセールスコピーを書く技術の事です。しかし、実のところ、このあたりの定義が少々複雑で、この「コピー」という言葉ひとつをとっても、そのコピーが果たす目的や役割によってイメージコピーと言われる事もあればセールスコピーと言われる事もあります。

セールスライティングにしても「コピーライティング」と呼ばれる事もあり、セールスコピーにしても「セールスレター」と呼ばれる事もあります。

イメージコピーとセールスコピーの違い

 


インターネットでビジネスを展開するのであればセールスライティングは必須

まあ、これらの区分けについては後ほど触れるとして、ここではセールスライティング=(コピーライティング)セールスコピー=(セールスレター)という広義的な考え方でお話したいと思います。

では、セールスライティングとは先ほどのとおりセールスコピーを書く技術の事ですが、元々はアメリカで100年以上も実践されてきたマーケティング手法であるダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)に使われてきた技術です。

日本でもここ数年インターネットの普及が凄まじいので特にインターネットでビジネスを展開する場合、セールスコピーを書く技術、つまりセールスライティングは必須といえるでしょう。なぜならWebサイトに訪れた人は商品を手に取って確認することができず、そこに書かれたセールスコピーで商品の良し悪しを判断するからです。

セールスコピーの書き方としては商品の規格や特徴だけではなく、その商品やサービスを使うことによってどんなメリットの恩恵が受けられるのかそれを文章に盛り込まなければなりません。本来、人がモノを買う目的は商品そのものではなく「モノ」が与えてくれるベネフィット(メリット)が欲しくて買っているのです。

「なるほど、これがあれば○○できるかもしれない・・」

「これを使えばこんな風になれるかもしれない・・」

そう感じてもらうために商品の特徴をベネフィットに変換し読み手に行動を起こさせる事がセールスライティングの大きな役割です。

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です