セールスコピーは大衆ではなく個人を相手に文章を書く

セールスコピーは大衆ではなく個人を意識して文章を書く

 

セールスコピーやセールスレターは大衆ではなく個人を相手に文章を書く意識がとても重要です。

 

「みなさん~

・・・・で困ったことはありませんか?」

というような大衆を相手にしたコミュニケーションよりも

「あなた」「私」という代名詞を使う個人を意識したコミュニケーションのほうが、読み手の目に留まり、親しみのある暖かい文章になります。


「あなた」や「私」という代名詞がよく使われる優秀なセールスコピー

優秀なセールスコピーには「あなた」や「私」という代名詞がよく使われています。

  
  • あなたは○○○○のようになりたいと思いませんか?
  • あなたは○○○○を知っていましたか?
  • あなたは○○○○をしていませんか?
  • 1日10分、あなたの○○○○を○○○○のようにしてみせます。
  • あなたが○○○○と思うなら○○○○を無料で差し上げようと思うのですが
  • 私にもできたんです。○○○○を使って○○○○になる方法

こんなふうに、セールスコピーやセールスレターを書く場合、「大衆」を意識するのではなく「個人」を意識して文章を書くという事がとても重要です。

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です