読みやすいセールスコピーの書き方(センテンス)

セールスコピーのコツは「読みやすい文章」にする事

 

セールスコピーを読んでもらうコツは単純ですが読みやすい文章にするという事です。

読みやすさのポイントは“センテンスの長さ”にあります。センテンスというのは後述しますが文章中で
あるまとまった内容で言い切る部分のことです。

同じことを伝えようとする文章でも言い回しや長さで、読みやすかったり読みづらかったりします。

ここに2つのコピーがあります。

あなたなら、どちらのコピーが読みやすいですか?

コピー①

コラーゲン配合の育毛剤でフサフサの髪を取り戻したいと思いませんか?

薄毛といえば昔から“男性ホルモン”との因果関係がよく言われていました。
ところが薄毛の進行は“男性ホルモン”ではなく加齢によるコラーゲン不足が原因だったのです。

そもそも毛を作る「毛包幹細胞」は、17型コラーゲンに保護されているのですが、その際、
細胞分裂を起こし、DNAを傷つけてしまいます。

このDNAは若いうちは自ら修復できるものの、歳を取ると修復のために酵素を使わざるを得ません。しかしこの酵素はとても厄介でコラーゲンを分解してしまう性質があります。

コラーゲンを失った毛包幹細胞は、皮膚の表面へと追いやられ、やがてフケや垢となって無くなってしまうのです。

 

コピー②

フサフサの髪を取り戻したいとお想いでしたら、次の私の話に少しだけ耳をかたむけていただき
薄毛となる原因をしっかりと受け止めてください。

昔から薄毛の原因となるのは男性ホルモンが起因しているなどという話がよく聞かれていましたが、実は薄毛の原因は男性ホルモンではなくコラーゲンが大きく関係していたのです。

そもそも毛を作る「毛包幹細胞」は17型コラーゲンに保護されていて、毛を作る際に細胞分裂を起こしDNAを傷つけ、傷ついたDNAは若いうちは自ら修復できるのですが歳を取るとそれができず
修復のために酵素を使わざるを得ないのです。

そしてこの酵素がとても厄介でコラーゲンを分解してしまう性質があり、コラーゲンを失った毛包幹細胞は、皮膚の表面へと追いやられ、やがてフケや垢となって無くなってしまうのです。

 

上記の2つのコピーですが、あなたにはどちらが読みやすかったでしょうか。
たぶん、①のほうが読みやすいと感じたのではないですか?。


文章の読みやすさを左右するセンテンス

 

先ほどの2つのコピーですが、どちらが読みやすいかという原理を指標で説明します。

下の数値をご覧ください。

文字数 センテンス数 1センテンス数あたりの単語数(文字総数÷センテンス数)
コピー ① 296 7 42.2
 コピー② 330 4 82.5

 

この表は2つの文章のセンテンス数1センテンス数あたりの単語数をそれぞれ比較したものです。

センテンスというのは文章での、あるまとまった内容で言い切る部分のことです。たとえば「私は絵を描くことがとても好きでした」は1センテンスですが、「私は絵を描くことが3度の食事より好きでついつい食事をすることを忘れてしまうことがよくありました」も1センテンスです。

そのことを踏まえ先ほどのコピーの比較をしてみるとコピー①は②に比べ文字総数が若干少ないものの、1センテンスあたりの単語数は42.2でコピー②に比べ1センテンスあたりの単語数約半分です。

1センテンス数あたりの単語数とは、文字総数をセンテンス数で割った数値になります。

この1センテンスあたりの単語数が多いと、それを処理しようと多くの思考が必要となり、精神的苦痛が伴います。それでは、せっかくあなたのWebサイトにに訪れた見込み客を失う事になりかねません。


1センテンスあたりの単語数は極力少なく

 

1センテンスあたりの単語数が多すぎてしまうと読者に精神的苦痛を与えてしまう可能性があるので1センテンスあたりの単語数は極力少なくしてセールスコピーを簡素な文章に仕上げましょう。

1センテンスで記すのは「1つの事」だけに留めるのが原則です。別の事を言いたい場合は次のセンテンスで記してください。人は一度に色々な事を聞かされるよりも、ひとつずつ言われた方が理解しやすいのです。

これが読みやすいセールスコピーを書くポイントです。

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です