セールスコピーはすっきりとした“言い回し”を

余分な表現を削り明快にする

ひととおりセールスコピーを書きあげたら効果のない不用な表現は思い切って削りましょう。
不用な表現を削ると読みやすく明快な文章になります。

 


要点をついていて明快にした言い回しの例

たとえばこんな言い回しがあったとします。

   

※多大なる資本力をもった企業がこの業界に進出して来ようとも当社以上の品質とサービスの提供は成し得ません。

思い切って削るとこうなる

どんな大企業が進出しようとも当社に太刀打ちできません。

   

※ただし、宝くじを頻繁に買っている人なら誰でも知っているであろうあの方法を使えば今まで述べたような課税の心配を思い悩む必要はありません。

思い切って削るとこうなる

ただし、普通は「宝くじマニア」しか知らないちょっとした節税のコツを知っていれば話は別です。

   

※もしも、この「就業不能保険」に加入されていなければ、病気やケガで働けなくなった場合、その後の生活はとても心配なものになります。住宅ローンの返済や残された家族の生活費はいったいどうなるのでしょう。

思い切って削るとこうなる

もし、あなたがこの「就業不能保険」に興味がないとおっしゃるのであれば“万一の時”、次のような“損失”を覚悟しなければなりません。

 

このような言い回しの方が要点をついていて明快です。

書き上げたセールスコピーに少し時間をかけ何度も読み返し、すっきりとした文章に編集し直しましょう。

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です