セールスコピーのメッセージは「ミーメッセージ」ではなく「ユーメッセージ」で書け!

DMやチラシが捨てられる理由

 

私の家のポストには毎日、たくさんのDMやらチラシが投函されています。しかし前にも述べましたが、私はそれらをほとんど読まずにゴミ箱に捨てています。

なぜかというと、そのDMやチラシが私にとってなんら関係のない、不必要なものだと感じてしまうからです。そしてそんなチラシや広告を見るたびに、それらにはある特徴があることに気付きます。

たとえばこんな感じです。

   

創業○○年の信頼と実績を誇る○○○○住宅です。

弊社○○○○では○月の公開を目指し、ただ今○○町にモデルハウスの建築を行っています。

本日はスタイリッシュで夢あふれる○○のモデルハウスの紹介をさせていただきます。・・・・」

このように、売り手側の一方的な想いや言葉で綴られたメッセージをみるたびに「自分には関係ない」と思ってしまいます。

一生懸命なのは分かるのですが、それが逆に執拗な売り込みに感じてしまい、一気に読む気が失せてしまうのです。あなたもそんな風に感じた事はないでしょうか。


広告やセールスコピーで「ミーメッセージ」をやってはいけない

 

このような売り手側を主役においたメッセージの事を「ミーメッセージ」といいます。広告やセールスコピーでこれをやってはいけません。誰も、あなたの会社の企業理念や歴史など興味ないのです。

なので、セールスコピーの書き出しは「ミーメッセージ」ではなく「ユーメッセージ」で書くように心掛けましょう。


ユーメッセージとは

 

ユーメッセージとは読んでいる側を主導においたメッセージの事です。

たとえば

ユーメッセージ
「あなたは今、○○○○で悩んでいませんか?

実は私も、つい先日まで同じ悩みで苦しんでいました。

○○○○は本当に辛いですよね。

この○○○○は○○○○を改善し、あなたを○○○○の悩みから解放してくれます。……」

このように、「このメッセージはあなたにとってとても重要で、こんなことができ、こんな悩みを解決してくれます。……」というような、読み手側主導で書かれたメッセージがユーメッセージです。

セールスコピーやセールスレターに書くべきメッセージは「ミーメッセージ」ではなく「ユーメッセージ」で書くよう意識しましょう。そうでなければ、たとえどんなに魅力的なオファーをメッセージで謳ってみても、読み手は「これは私には関係ない・・・」と思ってしまい、読まれる確率がとても低くなってしまいます。

再度、あなたの書くセールスコピーが「ミーメッセージ」ではなく、「ユーメッセージ」で書かれているか確認してみてください。

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です