セールスコピーのベネフィットで注意するべき点

ベネフィットは入れ過ぎると逆効果

セールスコピーでベネフィットを謳えば買手は商品やサービスのメリットを鮮明に思い描くことが出来るのですが、注意するべき点はベネフィットを入れ過ぎない事です。

セールスコピーにベネフィットを入れ過ぎると逆に効果が薄くなってしまい、伝えようとするメッセージが弱くなってしまいます。

セールスレターやセールスコピーでベネフィットを打ち出すことはもちろん必要ですが、あまり入れ過ぎると「本当?、なんか胡散臭い・・」となってしまい、信憑性に欠けるメッセージとなってしまう危険性があります。


100点満点ではないレビューのほうが信憑性を感じる

 

たとえば商品のレビューや口コミを見たときに、

「この化粧品はものすごく伸びがいいのでムラになりにくく扱いやすいですね。

ただ値段が少し高いのでもう少し安ければ満点です

などのように、100点満点ではないレビューのほうが、逆に信憑性を感じたりします。

なので、ベネフィットは一気に全て謳おうとせず、作戦が必要です。その作戦とは全面的に押し出すべきベネフィットそれ以外のベネフィットの優先順位を決めてメッセージに謳うというやり方です。

最初に最も重要で効果的と思われるベネフィットを大きく打ちだし、その後で「こんなこともできますよ」と他のベネフィットを補足していくほうがより効果的なセールスコピーに仕上がります。

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です