セールスコピーのヘッドラインとビッグアイデアどう違う?

ヘッドラインとビッグアイデアは似ている!?

 

 

セールスコピーでのヘッドラインビッグアイデアについては先述しましたが、そこで少し疑問に思ったことがないでしょうか?

ビッグアイデアの参考記事

疑問

ヘッドラインの解説を読むとビッグアイデアのようにも思えるし

ビッグアイデアの解説を読むとヘッドラインのようにも思える

どっちがどっち!?・・・

 

それもそのはず、実はヘッドラインはビッグアイデアを反映したものがほとんどだからです。

 

たとえば

「警告!その育毛剤 “最悪のやり方”です!」

というヘッドラインは「今までの育毛剤は○○だから使わない方がいいですよ!」というビッグアイデアを反映したものです。

 

警告!その育毛剤 “最悪のやり方”です!というヘッドラインで気を惹いて、次に

従来の育毛剤はなぜ使わない方がいいのか、

その育毛剤にはこんな成分が含まれていて、改善どころか、更に薄毛を悪化させますよ

という意外性を謳い、そこから商品の売り込みにシフトしていくのがビッグアイデアです。

 

なので、基本的に、ヘッドラインはビッグアイデアを整理しないと浮かんでこないということになりますが、逆に、あなたが販売しようとしている商品が既に爆発的なヒットを飛ばしているような商品であるなら、それらが謳う上手なヘッドラインを逆算しビッグアイデアにスイッチするという方法もあります。


電車に貼られている中刷り広告は上手なビッグアイデア・ヘッドラインの宝庫

 

よく電車などに貼られている中刷り広告には、鋭いヘッドラインで興味を惹かせ、続きを読みたくなるような上手なビッグアイデアがたくさん書かれています。

まさに電車の中刷り広告はビッグアイデアとヘッドラインの宝庫といえます。
それらを参考に、セールスコピーを書くというのも、ひとつの方法かと思います。

 

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です