セールスコピーでの気を惹くヘッドラインの作り方

広告を見ている人の60%はヘッドラインしか読んでいない

 

 

広告やチラシなどの“見出し”にあたる部分をヘッドライン(ヘッドコピー)といいますが、実は広告を見ている人の60%はヘッドラインしか読んでいない事をご存知でしょうか?

人は興味を引くワードに目が留まらない限りザックリとしか本文を読みません

 

つまり、どれほど頑張ってセールスコピーやセールスレターを書いたとしても、それを目にした6割の人が最初の数ワードしか読んでいないのです。

 

「広告の父」と呼ばれるデイヴィット・オグルヴィ氏は

「ヘッドラインで商品が売れなければ広告費の90%が無駄になる」


デイヴィット・オグルヴィ

と言っています。

それほどセールスコピーや広告・チラシでの、ヘッドラインの重要性は高いということですね。


ヘッドラインには「最大のメリット」を入れる

 

では、どうしたら読み手の注意を惹き付けるようなセールスコピーを書くことができるでしょうか。

それは、読み手の目に一番留まりやすい場所、つまりヘッドラインに最大のメリットを入れる事です。

 

たとえば、セールスライターとして起業を考えている人向けに、セミナーの案内広告を書いているしましょう。その場合のヘッドラインですが・・・

 

悪い例

インターネットの普及が凄まじい昨今、セールスライターは引く手あまたの職業です。

 

よい例

たった一件のセールスコピーでエリートサラリーマンの平均年収を上回るほどの報酬を稼ぎ出すセールスライターという職業にあなたは興味ありませんか?

セールスライターになって稼ぎたいと思っている人にとって「引く手あまたの職業」という表現は、「これから需要がある職業です」という興味深い言葉で綴られているものの、抽象的すぎてイメージが浮かびません。

一方、

「エリートサラリーマンの平均年収を上回るほどの報酬」という表現はより具体的で鮮明です。

 

ヘッドラインの“よい例”と“悪い例”の比較をもうひとつ記しておきます。

悪い例

当店自慢のおいしいステーキです。ぜご試食を!

 

よい例

肉好きのみなさんへ。180gの松坂牛サーロインに食らいつこう。もちろん無料!

この場合も「松坂牛」という超高級ブランドで気を惹き、しかも無料で食べられるという、この店が果たすメリットがとてもわかりやすく表現されています。

このように、最大のメリットをヘッドラインに組み入れるで事で読み手の心を惹き付ける事ができます。

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です