ホーム

セールスコピーとは

インターネットで商品を買う人は、そのホームページやWebサイトに書かれている文章を見て(読んで)商品を買うかどうかの決断をしています。手に取って商品を見ることができないのですから当然といえば当然です。

ヘッドライン(キャッチコピー)で注意を引き、商品に興味を持たせ、更には欲求を掻き立て今すぐ反応してもらうよう文章を書く。そんな商品を売るための文章、これがセールスコピーといわれるものです。

 

 

セールスコピーの王道“DRM”

このセールスコピーで書かれる文章術はコピーライティングと呼ばれていて、アメリカで100年以上も前から実践され続けているDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で使われている文章スキルです。Webサイトで商品を売ろうとするならこのDRMを使ったコピーライティングは欠かせません。

近年は、インターネットやSNSの普及率に凄まじいものがあります。それにより、セールスコピーを書く技術の需要や必要性はかなり高まってきていると言えるでしょう。

なぜならWebマーケティングにおいて成約率をあげるために重要なのはアクセス数でも集客数でもなく、お客様を口説き落とせる文章術、つまり、セールコピーライティングです。


人はベネフィット(二次的メリット)が欲しくて商品を買う

特にWeb媒体の場合、このお客様を口説くテクニックはライティングに顕著に表れます。人は本来、モノを買う目的は商品そのものではなく「モノ」が与えてくれるベネフィット(二次的メリット)が欲しくて買うからです。

単に商品の特徴やスペックを記すのではなく、特徴やスペックをベネフィットに変換し、読み手に行動を起こさせる事がセールスコピーの重要な役割であり、最終的な狙い所になります。

Webサイトで商品を売ろうとするならセールスコピーライティングは欠かせません。

当サイトでは、消費者がどのような心理でセールスに反応するのかという「消費者心理」に触れながら、“売れない”を“売れた”に変えるセールスコピーの書き方を初心者目線でわかりやすく伝えていきますので、参考にしていただけたら幸いです。

 

人気ブログランキングへ